租税公課(税と社保)の一体節約!法人利益増の見込まれる場合の節約提案として、例えば、従業員数人の同族会社で、毎年200~300万円節減する提案をしています!